私たちは、グローバルなビジネス経験と、リーダーシップ教育、人材育成の高度な専門技術を持ち、人・組織・社会のイノベーションに貢献することにコミットしたプロフェッショナル有志の集まりです。

私たちは、過去に類を見ない大変化の時代に生きています。様々な課題解決を通して、善い目的・善い未来を創造するイノベーションに参画することができるとてもエキサイティングな時代です。

イノベーションを起こしていくには、自らの個性とその存在を活かし、多様な人々とのコラボレーションを通して未来を創りだす力を持つ個人や、その個人が織りなす組織や社会を生み出していく必要があります。

私たちは、このような個人や組織・社会を生み出すことを押し進め、善い目的・善い未来を創造するイノベーションに溢れる社会を創造することに貢献します。

一人でも多く、同じ志を共有できる仲間をつくり、力を合わせて未来を切り拓いていきたいと思っています。


AMBITIONERS’ LAB - アンビショナーズ・ラボ

◆AMBITIONERS LABのMission、Vision

【Mission】人・組織・社会のイノベーションに貢献する

【Vision】イノベーションであふれる社会を創る


◆AMBITIONERS LABのメンバー

member_01L

熊平 美香

クマヒラセキュリティ財団 代表理事 / 株式会社エイテッククマヒラ 代表取締役 / 21世紀学び研究所 代表理事 / 昭和女子大学キャリアカレッジ 学院長 / Teach For Japan 理事
ハーバード大学経営大学院MBA

TSUTAYAの親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の元取締役。GEリーダーシップ開発センター@クロトンビルにおける『学習する組織』のリーダーシップ開発および変革推進プロセスを日本において展開。2008年には、『学習する組織』を解りやすく解説することを目的とした著書「チーム・ダーウィン『学習する組織』だけが生き残る」を出版。

現在は、昭和女子大学キャリアカレッジ学院長、エイテッククマヒラ代表取締役、クマヒラセキュリティ財団 代表理事、未来教育会議代表を勤め、教育と人材育成の幅広い分野でイノベーション活動に取り組んでいる。2015年、株式会社ネクストと共働し21世紀学び研究所を設立。


宍戸 幹夫

宍戸 幹央

組織開発・人材育成コンサルタント、株式会社イノセンティブ 取締役

東京大学 工学部 物理工学科卒 、東京大学大学院 新領域創成科学研究科 物質系修了
日本IBM株式会社、アルー株式会社を経て株式会社イノセンティブ取締役に就任。
1人1人が持つ人間の意識の可能性、およびその可能性を引き出す教育のあり方を高校時代より様々な量子力学、脳科学、心理学、宗教学など幅広い分野をベースに探求を続け、大手企業のグローバル人材育成など幅広い企業の人材育成にコンサルティング、研修開発、講師として関わる。
現在は、21世紀に必要な組織と言われる「学習する組織」の形成支援コンサルティングや各種研修講師を中心に、これからの時代に必要な企業と個人のあり方の創出支援を展開。
その他、鎌倉を拠点に日本の文化を学ぶワークショップなども展開中。


清宮普美代

清宮普美代

株式会社ラーニングデザインセンター 代表取締役 / NPO法人日本アクションラーニング協会 代表理事 / WIAL公認マスターALコーチ / ODネットワークジャパン 理事
ジョージワシントン大学大学院 人材開発学修士

東京女子大学文理学部心理学科卒業後、毎日コミュニケーションズ(現:マイナビ)にて事業企画や人事調査などに責任者として携わる。その後、渡米。ジョージワシントン大学大学院では、マイケル・J・マーコード教授の指導のもと、日本組織へのアクションラーニグ導入についての調査・研究を重ねる。外資系金融 人事責任者、社長室長を経て、人・組織の成長と学習する組織、社会を生み出す機会提供をしたいと2003年ラーニングデザインセンターを設立。また、続いてALコーチ養成講座を開始。翻訳著書に「実践アクションラーニング入門」(ダイヤモンド社)マイケルJ・マーコード著。著書に、『質問会議』(PHP研究所2008年)、『「チーム脳」のつくり方』(WAVE出版2009年)、『対話流』(三省堂 2009年)、『20代で身につけたい質問力』(中経出版 2011年)などがある。


佐々木 繁範

佐々木 繁範

ロジック・アンド・エモーション代表 リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント
ハーバード大学ケネディ行政大学院 公共経営学修士

日本興業銀行を経て、ソニーに入社。盛田昭夫、出井伸之両CEOの戦略スタッフ兼スピーチライターとして活躍。
IT戦略会議の議長補佐として、IT国家戦略の策定にも携わる。2001年にソニーを離れ、複数の企業の現場指揮官として、経営改革に携わる。
2009年に経営コンサルタントとして独立。
著書「思いが伝わる、心が動く スピーチの教科書」(ダイヤモンド社、2012年)は、中国語でも出版され、世界に通用するスピーチの定番書として評価されている。中央大学ビジネススクール、東京理科大学大学院、成城大学でも講義を行い、様々な経済メディアでも頻繁に解説を行っている。今を担うリーダーと、未来を担う若い人たちのリーダーシップとコミュニケーション能力アップのために力を注いでいる。


満田 理夫

満田 理夫

株式会社ドアーズ グローバルエデュケーション・プロデューサー プログラム開発部長

日系企業、外資系企業における人事業務経験のべ18年。バブル期から現在まで一貫して人事に関わっている珍しい人材。昨今の社会経済状況の中での日本の人材力の維持向上に対する問題意識から、ドアーズ設立に参画。近いうちに海外移住予定。
「海外から日本の人材力強化に貢献する。国境を越えないと話しは始まらない」

  • エマジェネティックス 認定アソシエイト
  • CNS話し方研究所 講師
  • Learning Technology Labo 研究員
  • 教育の未来を考えるワークショップ ファシリテーター