第1回「これからの時代のホラクラシー組織を学ぶ」レポート

「これからの時代のホラクラシー組織を学ぶ」をテーマに、全3回で組織経営の新しい形、未来の姿を見定めることに挑戦する本企画。ホラクラシー経営に独自の視点から挑戦してきたダイヤモンドメディア社の武井浩三氏をお招きし、9月8日 […]

2017.09.21

「これからの時代のホラクラシー組織を学ぶ」をテーマに、全3回でお届けする本企画。第1回が9月8日に開催されました。

「22歳で最初に起業した時は「会社経営ってかっこいいから」という単純な理由からだったんですよ」と話す本企画のプレゼンター、ダイヤモンドメディア社の武井浩三氏。一度倒産の経験を経て、「会社とは何のためにあるものなのか?」を真剣に問うた結果、今言われているホラクラシー経営に近しい経営スタイルにたどり着いたと言います。そこには「会社として、関わる人に貢献する存在であること」という大きな軸がありました。

創業10周年を迎えたダイヤモンドメディア社は、こんな風に組織が成り立っています。
 人事・組織:上司部下、階層がない/給与はみんなで決める/社長役員は毎年選挙/明文化した理念がない
 金銭・財務:財務情報はすべて公開/給与もオープン/実力給(その人の労働市場における価値で判断)
 働き方:働く時間・場所自由/雇う雇われるを放棄

「今の会社組織で多く採用されているヒエラルキー形の組織は、因数分解の発想で考えられています。
 予算を部署ごとに割り振って行って
 目標を達成するためのKPIが振り分けられて行く…
 会社として現場の声を無視したいわけではないけど、無視せざるを得ない状況になります。
 これではボトムアップで意見を反映できるわけがない、仕組み的な欠陥だと思います。」と武井氏。
 そしてこうしたヒエラルキー組織は、人間のエゴを暴走させるとも語ります。

 トライアンドエラーを繰り返しながら、実質の階層のない”球体”のような組織になったダイヤモンドメディア社。
 アメリカでいうところの"ホラクラシー経営”と異なる点は、以下の3つです。
  1 情報の透明性、対称性
  2 労使・権力の消失
  3 報酬、人事システムの確立

なぜ上記のようなことが可能か。会場から出た質問に対する武井氏の回答など、詳細については近日中に掲載予定です。ぜひご覧ください。
... See MoreSee Less

「これからの時代のホラクラシー組織を学ぶ」をテーマに、全3回でお届けする本企画。第1回が9月8日に開催されました。

「22歳で最初に起業した時は「会社経営ってかっこいいから」という単純な理由からだったんですよ」と話す本企画のプレゼンター、ダイヤモンドメディア社の武井浩三氏。一度倒産の経験を経て、「会社とは何のためにあるものなのか?」を真剣に問うた結果、今言われているホラクラシー経営に近しい経営スタイルにたどり着いたと言います。そこには「会社として、関わる人に貢献する存在であること」という大きな軸がありました。

創業10周年を迎えたダイヤモンドメディア社は、こんな風に組織が成り立っています。
 人事・組織:上司部下、階層がない/給与はみんなで決める/社長役員は毎年選挙/明文化した理念がない
 金銭・財務:財務情報はすべて公開/給与もオープン/実力給(その人の労働市場における価値で判断)
 働き方:働く時間・場所自由/雇う雇われるを放棄

「今の会社組織で多く採用されているヒエラルキー形の組織は、因数分解の発想で考えられています。
 予算を部署ごとに割り振って行って
 目標を達成するためのKPIが振り分けられて行く…
 会社として現場の声を無視したいわけではないけど、無視せざるを得ない状況になります。
 これではボトムアップで意見を反映できるわけがない、仕組み的な欠陥だと思います。」と武井氏。
 そしてこうしたヒエラルキー組織は、人間のエゴを暴走させるとも語ります。

 トライアンドエラーを繰り返しながら、実質の階層のない”球体”のような組織になったダイヤモンドメディア社。
 アメリカでいうところのホラクラシー経営”と異なる点は、以下の3つです。
  1 情報の透明性、対称性
  2 労使・権力の消失
  3 報酬、人事システムの確立

なぜ上記のようなことが可能か。会場から出た質問に対する武井氏の回答など、詳細については近日中に掲載予定です。ぜひご覧ください。

2016.12.27

 イノベーションを生む組織とは、前例を踏襲せず、善い変化を起こし続ける力を持つ組織です。
 善い変化の定義は組織ごとに異なりますが、善い変化を起こす組織の創り方には普遍的な法則があります。
ワークショップでは、イノベーションを生む組織を創る上で基礎となる知識と普遍的な法則を学び、ご自身の組織を変えるプロセスを具体的に考えます。

2日間のセッション終了時には、組織を変えるために何を考えればよいのか、どのようなアクションを取ればよいのかが明らかになっていることを目指します。

◆開催概要◆

■日時
2/25(土)10:00集合 - 2/26(日)17:00解散(予定)

■対象者/当事者として、イノベーションを生む組織創りに取り組んでいる方、または、これから取り組もうとしている方
本気で組織を動かす仲間たちと、昼夜一緒に みっちり!変革シナリオができる!

■定 員/15名(※先着受付順)

■参加費/ 特別価格 129,600円(税込/宿泊費、食事含む
      (正規価格 259,200円(税込/宿泊費、食事含む)


■期待される効果
【1】 イノベーションを起こすことの、基礎・本質を体系的・集約的に学べます

〜それは、善い変化を起こす普遍的な法則 であり、イノベーションを起こす基礎的な知識です

【2】同時にいまを理解するのに、ぴったりの〈最先端〉知識が付与されます

〜大きな時代の変革・トレンドをきちんととらえる視点、最先端の知識と思考技術が手に入ります


【3】あなた自身の自分の変革シナリオが描けます

 〜組織を変えるために何を考え、どうアクションするのか計画をたてることができます 

【4】本気の熱い仲間ができます
 〜当事者として、組織を変える仲間が集う場です 熱くて、エネルギーにあふれた交流が続きます

■内容
【DAY1】

・イントロダクション
・前例を踏襲しない学び方
・チェンジの定義付け
・アクションラーニング
・イノベーションを生む組織の創りに大切なこと
・システム思考を活用する

【DAY2】
・マインドフルになる坐禅タイム
・デザイン思考を活用する
・核となるものを定める
・核を定め、未来創造のシナリオを描く
・変革推進をデザインする
・学びに最適な環境をつくる
・計画を立てる
・総括とリフレクション


■申し込み
ambitioners.jp/contact

返信メールにて、参加費のお振込先をお知らせいたします。※なお、申し込みは先着順とさせていただきます。満席となった場合はご容赦ください。


■お問い合わせは
電話 :03-5768-8950

◆参考情報
ambitioners.jp/news/2016/12/22/621.html

■主催
Ambitioners Lab
ambitioners.jp/

イノベーションを 生む組織の創り方2月 25, 2017, 10:00am
... See MoreSee Less

イノベーションを 生む組織の創り方

2016.11.01

------------------------------------------------------------------------------------------
◆正式な申し込みはこちらからお願いします◆
ambitioners.jp/contact

※Facebookのイベントページの参加ボタンだけでは正式な申し込みになりませんのでご注意ください
------------------------------------------------------------------------------------------

イノベーションを生む組織
~100年に一度のパラダイムシフトにいる 私たちに今、必要な善い目的、善い未来に 向かって進化し続ける人と組織のあり方~

この度、AMBITIONERS LABでは、学習する組織として世界的に有名なGEの日本法人の代表取締役 GEキャピタル社長としてご活躍し、現在はSMFLキャピタル株式会社 代表取締役社長兼CEOを務める安渕 聖司氏と、世界で最もイノベーティブな企業である Googleのダイバーシティ日本・中国・韓国・台湾統括責任者である山地由里氏にご講演頂き、イノベーションを生み出し続ける組織の在り方を探求する講演会を開催致します。

イノベーションを起こす組織、進化し続ける学習する組織・チームの形成に取り組まれている方、これから取り組まれる方是非ご参加ください。


◆日時◆
2016年12月21日(水)
 14:00〜17:20(13:00開場)
 17:45〜20:00 懇親会

◆内容◆
第1部
【導入ワークショップ】14:00~15:00
イノベーションを生む学習する組織(熊平 美香/宍戸 幹央/清宮 普美代 )

【講演①】15:00~15:40
変化力のリーダーシップ (安渕 聖司 氏 )
【講 演②】15:50~16:20
イノベーションを生むためのダイバーシティとは (山地 由里 氏)

第2部

【対話とQ&A】16:20~17:20
イノベーションを生み出す組織に向けての対話
(パネリスト:安渕 聖司氏 /山地 由里氏 /熊平 美香 /清宮 普美代/ 宍戸 幹央 )

第3部 懇親会 ※参加はオプションです
【Net Work Party】17:45~20:00

◆講演者プロフィール◆

◇安 渕 聖 司
SMFLキャピタル株式会社 代表取締役社長兼 CEO
三菱商事株式会社、リップルウッド・ジャパン、UBS証券会社投資銀行本部を経て、2006年にGEコマーシャル・ファイナンス・アジアに事業開発担当副社長として入社。2007年GEコマーシャル・ファイナンス・ジャパン社長兼CEOに就任、2009年から日本GE株式会社代表取締役GEキャピタル社長兼CEOに就任、日本における金融ビジネス全般を統括。2016年4月より、三井住友ファイナンス&リース株式会社の傘下に入り、2016年9月5日付で、SMFLキャピタル株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。

著書:
「世界の超一流企業であり続ける GEの口ぐせ」、https://goo.gl/9uRmF0
「GE 世界基準の仕事術」https://goo.gl/XmXyuN

◇山 地 由 里
グーグル株式会社 ダイバーシティ日本・中国・韓国・台湾統括責任者
シカゴ大学経営大学院修士課程修了(MBA)。日系IT系企業・米国系ソフトウェア企業においてエンジニアとして勤務後渡米。ビジネススクール卒業後は、米国にてタレントマネジメント・HRビジネスパートナー等のポジションを経験後、ダイバーシティを担当する。帰国後、米国系企業でのダイバーシティ日本統括担当を経てGoogleに入社。Googleでは日本・韓国・台湾のダイバーシティを統括。

◆会場◆
ITOKI TOKYO Innovation Center SYNQA
 東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー 1-3F
  アクセスhttp://www.synqa.jp/access/


◆参加費◆
セミナーのみ:5,000円/名
セミナー+懇親会:8,000円/名

◆申し込み◆
ambitioners.jp/contact

※Facebookのイベントページの参加ボタンだけでは正式な申し込みになりませんのでご注意ください


◆本イベント紹介ページ
ambitioners.jp/pdf/1609_ANBITIONERS_LAB.pdf


◆主催◆
AMBITIONERS’ LAB
ambitioners.jp/

ABOUT US
私たちは、グローバルなビジネス経験と、リーダーシップ教育、人材 育成の高度な専門技術を持ち、人・組織・社会の イノベーションに貢献することにコミットしたプロフェッショナル有志の集まりです。 私たちは、過去に類を見ない大変化の時代に生きています。様々な課題解決を通して、善い目的・善い未来を創造する イノベーションに参画することができるとてもエキサイティングな時代です 。イノベーションを起こしていくには、自らの個性 とその存在を活かし、多様な人々とのコラボレーションを通して未来を創りだす力を持つ個人や、その個人が織りなす組織や 社会を生み出していく必要があります。私たちは、このような個人や組織・社会を生み出すことを押し進め、 善い目的・善 い未来を創造するイノベーションに溢れる社会を創造することに貢献します。 一人でも多く、同じ志を共有できる仲間をつくり、力を合わせて未来を切り拓いていきたいと思っています。


◆AMBITIONERS LABのメンバー
◇熊 平 美 香
クマヒラセキュリティ財団 代表理事 21世紀学び研究所 代表理事 昭和女子大学キャリアカレッジ 学院長 Teach For Japan 理事 ハーバード大学経営大学院MBA

TSUTAYAの親会社であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の元取締役。GEリーダーシップ開発センター@クロトンビルにおける『学習する組織』のリーダーシップ開発および変革推進プロセスを日本において展開。2008年には、『学習する組織』を解りやすく解説することを目的とした著書「チーム・ダーウィン『学習する組織』だけが生き残る」を出版。
現在は、昭和女子大学キャリアカレッジ学院長、エイテッククマヒラ代表取締役、クマヒラセキュリティ財団代表理事、未来教育会議代表を勤め、教育と人材育成の幅広い分野でイノベーション活動に取り組んでいる。2015年、株式会社ネクストと共働し21世紀学び研究所を設立。

◇宍 戸 幹 央
組織開発・人材育成コンサルタント 一般社団法人21世紀学び研究所 理事

東京大学 工学部 物理工学科卒 、東京大学大学院 新 領域創成科学研究科 物質系修了 日本アイ・ビー・エム株式会社を経て大手企業のグロー バル人材育成を中心としたビジネススキル全般の教育 研修を手がけるアルー株式会社に創業当初から参画 し、講師部門の立ち上げ責任者として拡大に貢献。様々 な企業の教育現場に関わる中、企業組織の在り方や人 材育成に関する知見を深める。その後、株式会社イノ センティブの取締役に就任し、現在は企業の人材育成 だけでなく、企業組織を「学習する組織」に変革していく支援を中心とした組織開発コンサルティングを展開 する。 その他、学生時代より量子力学、脳科学、心理学、宗 教学など幅広い分野をベースに“人の可能性”への探 求を続けており、鎌倉を拠点にして、これからの時代に 必要な“個人の在り方”の学ぶ場を様々な形で展開する。禅・マインドフルネスを日本から世界に広げていく イベント、ZEN2.0を2017年9月に鎌倉で開催予定。

◇清宮 普美代

株式会社ラーニングデザインセンター 代表取締役 NPO法人日本アクションラーニング協会 代表理事 WIAL公認マスターALコーチ ODネットワークジャパン 理事 ジョージワシントン大学大学院 人材開発学修士

東京女子大学文理学部心理学科卒業後、毎日コミュニ ケーションズ(現:マイナビ)にて事業企画や人事調査などに責任者として携わる。その後、渡米。ジョージワシン トン大学大学院では、マイケル・J・マーコード教授の指 導のもと、日本組織へのアクションラーニグ導入についての調査・研究を重ねる。外資系金融人事責任者、社長 室長を経て、人・組織の成長と学習する組織、社会を生 み出す機会提供をしたいと2003年ラーニングデザイ ンセンターを設立。また、続いてALコーチ養成講座を 開始。翻訳著書に「実践アクションラーニング入門」(ダ イヤモンド社)マイケルJ・マーコード著。著書に、『質問 会議』(PHP研究所2008年)、『「チーム脳」のつくり 方』(WAVE出版2009年)、『対話流』(三省堂 2009年)、『20代で身につけたい質問力』(中経出版 2011年)などがある。


◇佐々木 繁範
ロジック・アンド・エモーション代表
リーダーシップ・コミュニケーション・コンサルタント
ハーバード大学ケネディ行政大学院 公共経営学修士

◇満田 理夫
株式会社ドアーズ グローバルエデュケーション・プロデューサー
プログラム開発部長

------------------------------------------------------------------------------------------
【事務局】 一般財団法人クマヒラセキュリティ財団
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2丁目6-2 代官山MDM7F TEL:03-5768-8950 / FAX:03-5768-8949 / Eメール:info@ambitioners.jp

イノベーションを生む組織12月 21, 2016, 2:00pm
... See MoreSee Less

イノベーションを生む組織
Load more